銭屋五兵衛記念館

銭屋五兵衛の持ち船

 五兵衛が39歳の時、質流れの中古の北前船で迴米を試みたのを皮切りに、54歳から次第に船を購入し58歳には自他ともに認める海運業者となる。全盛期には、一説に大小あわせて200艘余りの北前船を所有していたという。
天保七年長男喜太郎に与えた訓戒に海運は「欲をはなれてよく手が廻るようにするためには廻船は大小あわせて六隻より不用」とのべているが記録に残るものだけでも30艘以上あった。

◎主な所有北前船名と石数、造船、購入の時期、場所など

北前船名
石数
造船
購入時期
場所
輪 通 丸
650石
文政 9年
越前三国
輪 吉 丸
550石
文政11年
越後
宝 銭 丸
890石
文政13年
大坂
宝 得 丸
780石
天保 2年
越中六波寺
神 力 丸
1700石
天保 5年
大坂(高田屋嘉兵衛持船)
宝 国 丸
1400石
天保 6年
敦賀
第二宝生丸
800石
天保 6年
宮腰
宝 安 丸
1200石
天保13年
大坂
宝 観 丸
1550石
天保13年
乗尻
御手船 常安丸
965石
天保13年
大坂
御手船 常豊丸
1540石
弘化 2年
宮腰
金沢港に停泊する北前船・北前船 海上想像図
 
北前船の石川県銭屋五兵衛記念館
Copyright (C) 2000 - Zeniya Gohei Memorial Museum. All rights reserved.