銭屋五兵衛について 海外貿易説

近世の鎖国時代にあって本多利明や大野弁吉らの感化を受け、海外貿易の必要性を痛感していた五兵衛はエトロフ島におけるロシア、樺太における山丹貿易、鹿児島南方の諸島における英国、更に北米やオーストラリアのタスマニア島まで遠く南から北に及ぶ広大な海域で銭屋五兵衛の海外渡航説が生まれている。

肯定もできないが、銭屋五兵衛の海へのロマンを乗せて活躍を伝説として紹介している。